ヒラマサの釣り情報

別名: ヒラ、ヒラス、ヒラゴ、ヒラソ

ヒラマサは9月上旬から9月下旬により多く釣られているようです。投稿の平均サイズは 59.2cm です。最近の投稿は11件あります。

最新の投稿日:
投稿された数:
1,165

釣果推移グラフヒラマサ

十分な件数の釣果が投稿されていません

釣れているエリア・スポットヒラマサ

みんなの最新釣果ヒラマサ

読込中...

ヒラマサの基本情報

ヒラマサの釣り方

ショアジギング(ショアプラッギング)

小魚に模した高重量のメタルジグやルアープラグを使って狙う釣り方。ヒラマサは回遊魚なため、定期的に回遊してくるポイントや海底に根があるポイントで竿を振ることが最も重要です。初めての磯釣りにチャレンジする際は、初心者のみや単独釣行は避け、必ず経験者に同行してもらうようにしましょう。

カゴ釣り

カゴと呼ばれる仕掛けの中に撒きエサを詰め、遠投した先でヒラマサをおびき寄せる釣り方。主に磯や堤防から楽しむことができ、沖の潮目を狙えるため大型が期待できます。ヒラマサの他、ブリやマダイを狙う場合にも選択される釣り方です。

ジギング(船釣り)

ベイトフィッシュに模したメタルジグを使用して狙う釣り方。ジャークアクションを繰り返すため若干の体力と筋力が必要となります。自信のない方は、より軽いライトジギングやスロージギングからチャレンジしてみましょう。

コマセ釣り(船釣り)

ビシカゴから拡散されるコマセでヒラマサをおびき寄せ、針付きのエサとコマセを同調させて狙う釣り方。魚からの反応があるタナ(水深)を見極めて狙い撃ちにしましょう。船長からの指示や連発している同船者の誘い方を参考にしてみましょう。

落とし込み釣り(船釣り)

落とし込みのサビキ仕掛けでイワシやアジ、サバなどのベイトフィッシュを狙い、そのベイトフィッシュが掛かったままヒラマサがいる水深に落として狙う釣り方。この釣り方は仕掛けやロッドパワーの選択が釣果を大きく左右します。小さなベイトフィッシュでも違和感なく食いついてくる針の大きさやラインの太さでありながら、ヒラマサのパワーにも負けない強さの針とライン(仕掛け)を選びましょう。仕掛けやタックルがわからない場合は、お世話になる船宿に訪ねてみるのもひとつの手です。また船の上では船長からのタナ(水深)の指示を聞き逃さないように注意しましょう。

アクティブな釣り人ヒラマサ

ログインしてツリバカメラを活用!

ログインまたは会員登録でツリバカメラに参加できます。大物の投稿にいいね!したり、コメントで仲間と交流したり、もちろん自分の釣果を投稿・記録することもできます。

ツリバカメラのアプリで会員登録されている方は、同じ情報でログインができます。