KRO さんの投稿の詳細ページ

KRO さんの投稿画像,写っている魚はカサゴ,マサバ,ネンブツダイ,アジ

【day & night】 前夜の興奮冷めやらぬ中、帰宅。 冷蔵庫の酒を全部引っ張り出して、仕留めた獲物を突っ込む。冷蔵庫の棚一段を占領して、大物は鎮座する。 シャワーを浴びて(コロンはたたきません)、キンタマサキ師に釣果報告。LINEに画像を貼って送るとすぐにレスポンス。 『締めましたか?』 ああ、締めたよ。現地で脳締めと神経にワイヤー通して、魚体は傷つけたくなかったからエラの膜だけナイフ入れて簡易的に血抜きしたよ。と返信。すぐに返事が来る。 『血抜きして下さい』 え、今から?俺、眠いよ?つか死魚って血抜きできるの? 『水圧かければ大丈夫です。血抜きをしたらエラと内臓を取り出して…』 師匠は鬼や。でもアレだ。仕留めたからにはその責務は果たさねば。最高の状態で喰らってやるのが、釣った人間からの最大の敬意だ。よし、やるか。 眠い目を擦り、処理を済ませると、一時間ほど仮眠。パンイチに毛布が心地よいよい。 そして小用の為にMM号、発進。ドライブついでに半島の向こう側に。 あちこち走って釣り場を探すが、グっと来るポイントはナシ。サーフは苦手、ゴロタも魅力的だが、何処に車を停めたらいいかわからないし、昨夜の疲労MAXでゴロタや磯は歩きたくない。もうすぐ日没、あぶないし。 流れ流れて、夕マズメのズルマナ港。初めての港っていいね。わくわくすっぞ。 遊覧船乗り場からエントリー。先行の釣り人と挨拶を交わす。男子2人に女子1人の若者に声を掛ける。『こんちゃ、何か釣れました?』と聞くと、めっちゃバナナ食いながら『鯛釣れたっす!ナントカ鯛!ちっちゃいけど!』と指差すビニール袋にはネンブツダイ。なるほど。 ちょっと今日はライト気分。ボックスの隅に1つだけ転がっていたジグヘッドにワームをセットしキャスト、カマスかアジ、カマスかアジ…ネンブツダイ、やっぱりね。 重たいボックスを持って港内を練り歩く。あっちでショアレッド、こっちでショアレッド。ケータイポチってポイントチェックするも、ソースが古くて、行く先々で立ち入り禁止のフェンスに阻まれる。入れる所はショアレッドパラダイス。 集魚灯を焚いて釣りを楽しむファミリーに声を掛ける。『コバンワ、釣れますか?』 『ハイ、何匹か!何て魚かわからな…』『ネンブツダイですね( ´∀`)』『すごーい!ひと目みただけで!』…ええ、おかげさまで。 よし、この港は赤いぞ。真っ赤だ。 帰ろ、ふるさとの海に… キンタマサキさんと合流するため、ズーヌマへ。グーグル先生の超絶ナビゲーションで恐怖スポットのような山道を走らされ、田んぼの農道みたいな道のど真ん中で      『右に曲がります』とか、右って田んぼじゃんとかなりながら、ポイント近くのコンビニにたどり着いて合流、アジングを楽しむ。渋い状況ながらアジ&サバ水揚げ、クーラー忘れたのでリリース。ここでキンタマサキ師、タイムアップ。僕はROKUTAのキョーダイと合流、ビーストハント成功の祝福を受けてボトムアタック開始。 しかし、どうも海の状態が悪い。ハタどころかカサゴすら反応なし。うーん、ちょっとライト、試して見るか…うん、直リグ通して無反応だったコースで、カサゴの反応。なるほど、渋いわけだ。 そのまま明け方まで粘るが釣果は伸びず、ROKUTAちゃんが釣り上げたタコをもらって終了。 長い休日が終わりましたとさ(*´∀`)♪ ~本日のBGM~ THE VELVET UNDERGROUND and NICO / Sunday Morning https://youtu.be/eF_CQGHqzts

投稿の概要

釣った時刻
魚種
カサゴ 1匹 (- cm)
マサバ 1匹 (- cm)
ネンブツダイ 1匹 (- cm)
アジ 1匹 (- cm)
エリア 静岡県 沼津市

この投稿の位置情報は利用できません

気になるエリアの釣果を検索してみよう!

今すぐアプリをダウンロードして、
釣果を投稿してみよう!