KRO さんの投稿の詳細ページ

KRO さんの投稿画像,写っている魚はカサゴ,アカササノハベラ

【I don't give a FxxK!】 昨夜は先日、爆風から逃れた先で出会ったアングラー、snowmanさんからのお誘い。ズーヌマエリアでメバりたい、との事。お天気アプリによると、まぁまぁ風がありそう…でもI don't give a fuck(そんなの気にしない)さ! 約束の時間より一足先に様子を見に行っていたROKUTAのキョーダイからLINE。 『あかん、また爆風や』 ハ?爆風?そんなのI don't give a fuckだぜ! とは言ってみても、釣りが成立しないレベルじゃ仕方ないか…でも今日の為に2日も釣りをガマンしたのに自宅警備は耐えられぬ…という事で、困った時の隣町。 身支度をして、出撃。 22:00、現着。snowmanさんはまだ到着していないご様子。港の対岸でロッドを出しているはずのキョーダイに電話して、召喚するかね…とTELしてみたが、ちょうどTELしたタイミングがファイト中だったらしく、良型のシーバスをバラしてしまったらしい。 『ファイト中に限って電話が鳴る』の釣り人あるあるをやってしまった。すまぬ… でも失敗したってI don't give a fuckだぜ! snowmanさんも合流したし、楽しも! という事で、3人並んで釣り開始。 釣りの話やらボーイズトークやら、とりとめのない会話をしながらルアーを替え、キャストを繰り返しているうちに気がつきゃ日付が変わっていた。ここでROKUTA、尺シーバス(笑)を水揚げ。明日、朝が早いとの事で、ひと足早く上がり。 あら?余裕ブっこいてたら、うっかりノーフィッシュですよ?われわれ。ま、まだ夜は長い。I・don't・give・a・fuck!でしょ! という事で、キョーダイを見送りついでにポイント移動。風が和らいでいることを願って、ズーヌマに移動の大博打。これで釣りが出来なきゃホゲホゲ、背水の陣。 ズーヌマの市街地を抜けて聖地、三の浦エリアへ。爆風。アハハ、ちくしょう!信号待ちで車がゆさゆさ揺れるぜ!でもI don't give a fuckでござるよ! とりあえずポイント着、snowmanさんに地形の説明をして即席ユニット、爆風キワキワボーイズ、結成。キャストが全く出来ない爆風、水面を跳ねる白いウサギたち。そして岸壁をゾンビ歩行する怪しい二人。 波が岸壁に当たり、ベイトが岸際に寄せられているのか、岸壁に着いた甲殻類達が落ちてくるのを待っているのか、今日は足元のカサゴ達が元気いっぱい。しかしメバが釣れぬ。やはり時合い以外、ほとんど口を使わないか… snowmanさんも同じ状況…つーか、この人はもう完全にカサゴ釣りにハマっている。いつの間にかアジメバ狙いのジグ単から、クロー系のワーム&スナッグレス重視のボトム用ジグヘッドに変わっていた。キライじゃないっす、そーゆーの(笑)。 3:00am、時合いまであと2時間、集中力の切れる魔の時間。 僅かな風裏ポイント、隣でキャストしていた snowmanさんが『あれ?』と呟く。 S『なんか、じわじわ引っ張るんだけど、波…ですかね…』 K『あー、タコかもしれませんよ?ここ、タコ多いから…』 S『タコ?タコだったら嬉しいけど、へばり付いてるのかなあ、動かないや…』 K『でも竿先絞るなら張り付いてはないですね、ちょっとロッド借りていいすか?…ああ、ゆっくり絞る感じ、タコっすね、完全にタコ。とりあえず寄って来なければ少しずつこちらから歩いて間合い詰めますか…』 歩きながら距離を詰め、段差でロッドを受け渡しながら遂にゼロ距離近くまで。 S『だめだ、全然寄せられない…』 その時、隣で見ていた僕の視界に驚くべき物が入って来る。snowmanさんのブルーカレントを綺麗な弓張りに曲げた正体にライトを当てる。 ハイ、ブイでした──────ミャハ☆ お解りいただけただろうか? 僕が彼からロッドを受け取った瞬間発した言葉、決して言ってはいけないあの言葉を… 『完全にタコ』 風と荒波がブイに命を吹き込み、まさかのナイスファイト。ワームにタコがよく乗って来るエリアでボトムアタック系のジグヘッド、タコの反応が良い、チャート系のクローワーム、ドラマの条件を全て満たした奇跡のシチュエーション。とりあえず二人で顔を見合せて笑い、ひとまず休憩することに。しかしブルーカレント、良い竿だ。綺麗な曲がりかたするなぁ… そんなこんなでコンビニ休憩。マズメ手前のワンチャンスに向けて英気を養う。 4:00am、リエントリー。 神が味方してくれたか、風はかなり和らいでいた。これなら何とかキャスト&リトリーブが成立する。俄然やる気が出てキャストを繰り返すが、反応薄。足元で数尾追加。うーん、キャストして釣りたい… ふと思いつき、ルアーチェンジ。係留船アジングでディープ攻略用に買ってあったISSEIのハネエビの存在を思い出す。よし、これでダートの釣りをしてみよう。 ボトムを取ってダート&フォールを繰り返すと小気味良いバイト。アベレージサイズのカサゴちゃん。お、こりゃイケル。 ここの地形は散々通って把握済み、ハタゲームで散々お世話になったブレイクラインと平行に投げれる立ち位置に入り、ブレイクラインを舐めるようにキャスト、少しソフトにダート、フォールでゴツン。おおぅ、久しぶりにドラグ鳴きます。根に潜られ、待って剥がす。あー、このやりとり、久しぶりだなぁ… 浮いて来たのは25㎝ほどのまあまあカサゴン。25超えると腹鰭に厚みと丸みが出て貫禄あるなぁ( ´∀`) メバルを忘れてお土産のカサゴ釣りにハマるsnowmanさんに献上。時合いまであとわずか。 ハネエビパターンが気に入って、沖向きのブレイクラインにキャスト。ボトム取ってダート、ボトム取ってダー…あ、根掛かった… いつもの調子で根掛かりを外そうと、ロッドをパシパシ。パシパシ、パシパシ、パシパシパチーン! え? 何この音、久々に聞いた悲しい破裂音。 何が起こったか瞬間で把握したが、一応おそるおそるロッドティップを見る。よし、無い!ティップガイド、無い!そのままティップガイドはヤエンのようにスルスルと水中へ。 愛用の小太刀、ブラックスター殉職。 購入以来、ネンブツダイからメーターダツまで、数え切れない魚種、数え切れない数の魚を水揚げしてきた、僕の一番信頼する対象魚種フリーロッドが悲しい姿に… でも時合いは目の前、つか、もう時合い! I don't give a fuck, I don't give a fuckだぜ!アイドンギバ…(´Д` ) 車に戻って金玉重工謹製のショートロッド、『膣痙攣トゥイッチャースペチアーレ』にチェンジ、今宵最後のワンチャンをエステルラインで勝負。既に空は薄明かり。リミットは残り1時間ほど。うっすら見える水底、メバルの群れは中層にサスペンド。 キャストしてボトムからゆっくり巻き上げる。バイト!乗らない! 再びキャスト、カーブフォールで反転バイト!乗った!極細ラインの為、ドラグはゆるゆる。いいねー、叩くねー!浮いて来たねー、ベラ、だねー… 『笑う時に歯茎を出すな』と心で呟き、記念撮影。しかしこいつは何を目指してこんなサイケデリックな模様になったのだろう。魚ってふしぎ。 ただ巻きの反応が悪いので、作戦を変えてダート&フォールに。細かくトゥイッチを入れ、リアクションバイトを誘うとゴン! 『よっしゃ、これメバルっしょ!やっとメバル食わせたわー!あ!根に入った!…よし、出た!こりゃベラじゃないわ、完全にメバだわー!』 ですよね、カサゴ、ですよね。 またフラグ、立てちゃったもんね。 隣でsnowmanさん、 『あぁ、これがいつも投稿で見ていた「完全に」フラグですねwww実物見れたwww』と草生やしまくり。ホントはもっとカッケーとこ見せたいのだが、僕レベルの雑魚アングラーではやはりこのくらいのオチがお似合いらしい。 結局、お目当てのメバにはありつけず、ロッドも折れて、しょんぼりしょろりナイトに終わりましたが、snowmanさんとの楽しい時間も過ごせたし、プラマイゼロでI don't give a fuckな一夜でした。 あぁ、ロッドの修理でまたリール購入が遠退いていく…

投稿の概要

釣った時刻
魚種
カサゴ 9匹 (25cm)
アカササノハベラ 1匹 (20cm)
エリア 静岡県 沼津市

この投稿の位置情報は利用できません

気になるエリアの釣果を検索してみよう!

今すぐアプリをダウンロードして、
釣果を投稿してみよう!