KRO さんの投稿の詳細ページ

KRO さんの投稿画像,写っている魚はカサゴ

【二人寝太郎】 休日。まんまと朝マズメをMM号の車内で寝過ごし、釣具屋が開く時間まで二度寝。お前はバカか。 釣具屋でフック買ってフリッパー&スピンビームに装着して、海へ。とりあえず前回直也兄さんと訪れた未開拓ポイントへ。 車を停めてバックドアを開け、タックルの準備をしていると、一台の車がスローダウン。あれ?Kabaralusifaさん? 『さっき◯◯の前、通りかかったでしょ』 …しまった、尾けられたか…(別にしまってない) ということで、Kabaralusifaさんとロッドを並べる事に。 とりあえず明るいうちにシングルフック&ブレードチューンしたフリッパー君達のスイムテスト。ふむふむ。悪くない。 しかし何だか、今日は全く釣れる気がしない。午後の風とやたらと速い潮、そしてルアーに絡み付くM・O(藻)。 立ちっぱなしで疲れたので車からディレクターズチェアを引っ張り出す。 おお、こりゃいい。 アメリカ人のようにディレクターズチェアに座ったままキャスト。このあたりでやる気スイッチ、完全にOFF。午後の陽射しが気持ちいい。寝ているような、起きているような、寝ているような、寝ているような… ハッ! あれ?一瞬、寝ちゃったかしら? 何だか陽射しがオレンジ色に。ケータイを見る。16:30。 ファッ!? あれ?かばさん、俺ひょっとして寝てた? 『ええ、寝てましたよ、わりとしっかり目に(笑)』 まじか。寝ている自覚が無かった。 ちょうどそのタイミングで潮通しの良い堤防先端に釣り座を構えていたヤエン師のおじさんが帰り支度をし始めたので、カマを掘らせていただく事に。 しばらくして、おじさんが釣り座を構えていたところに何か落ちている事に気がつく。釣り針だ。泳がせ用のオトリ針に、サルカンとハリスがついている。 コレはアレだ。神様がこう言っているんだ。 『BUCHIKOMEEEEEEEEEE!!』と。 豆サバ遊びに飽きて、夕方のチャンスにガチロックでもやろうかと、ブラックスターハードに持ち換えてワームをセットしていたKabaralusifaさんに聞こえるように『おーよがーせやーりたーいな──』とプーさんみたいに呟く。 Kabaralusifaさん、ライトロッドにまた持ち換え、サバを狙い始める。我ながら鬼畜の所業。釣っていただいた豆サバの鼻と背に二点掛けにしてセット完了。 捨て石と砂底の境目あたりを目掛けて… そ────────────い! ぽちゃ 着底を確認、糸フケを取り、ドラグゆるゆるでロッドを良い感じの所に立て掛ける。 勿論ロッドはニューロッド、APIAのグランデージ。こいつもこんな事する為に生まれて来たんじゃないだろうに。 しばらくライトロッドでのジギングに興じていると、あの音が。 ジィ──────────────! よし、しっかり食い込ませて、せーの… よいしょ───────────! 乗った! ウホ───、引く引く引く───、東京書店! こりゃ、多分ウツボだね!見てロッド、キレイに曲がってますわーwwwいーねー、トルクあるねー! 二人でエヘエヘ言いながらファイトしていると、遠くで釣りをしていたオニーサンが見物にやって来た。 『何か食ったっすか?』 『イヤー、ウツボっすねwww』 なんて言いながら、若干ヨユーぶっこいてファイトを楽しんでいると 『ぷつ』 …ハリスを切られてしまった。だいぶ寄せて、あとちょっとだったのにー…ダサ。オニーサンもスっとフェードアウトしていった。 二人で『もうちょいでしたね…顔、見たかったすねー』と顔を見合わせて笑い、日没。 日が暮れてアタリも無くなると、今度は僕の腹に時合いが訪れる。 腹減った腹減ったとグズり、ポイント移動がてらメシに。 選択肢は2つ。 ①コンビニ飯 ②カオス食堂 協議の結果、西浦木負のカオス食堂『あかね』へ。 照明を半分落としたエコモードの店内でメシを喰う。Kabaralusifaさんは生姜焼き定食(900円)、僕はシーフードカレー&ラーメン(計1100円)。二人とも飯大盛で。定食は圧倒的品数で、刺身や小鉢、フルーツまで付いてこれは安い。 僕は前回直也兄さんと訪れた際に食べたガーリックライス(にんにく爆盛り醤油味)は避け、シーフードカレーにしてみたが、うん、旨い。何か友達の家の二日目のカレー食ってるみたいだ。どこか懐かしい味。 ただひとつ、不満を述べるのならば、シーフードカレーのどこにもシーフードが見当たらない事か。 腹も膨れて、後半戦。 入りたい遠浅ロックエリアのポイントを目指すが、車を停められそうにないので、少しの間別のポイントでやり過ごす事に。 Kabaralusifaさんとジュンタロ先生、あるさんが見つけた舟揚げ場スロープ脇の小さなワンドへ。 水深も無いし、なにしろ小さいポイントなので、ジグ単オンリーで。ククン、と小さなアタリをフッキング。ミニカサーゴ。 あれ?ワタクシ…これ、今日1匹目?やだちょっと、今まで8時間くらい何やってたの? その後も伸びず。かばさんがチョイチョイ釣るのみ。僕はケータイのバッテリーがヤバみを帯びてきていたので充電がてら先程入りたかったポイントの偵察に。 駐車スペースがあいていたので、かばさん召還、充電を理由に小休止を取ることに。 うとうと、うとうと… ファッ!? 目が覚めると既に充電MAX。恐る恐るケータイを開くと… 1:00!? おいおい3時間寝ちまった!かばさん、かばさんは… 隣に停めたKabaralusifa号を見ると…寝てるし!ガチ寝だし! Kabaralusifaさんを起こして釣り再開。 しかし、予想外にM・O(藻)が育ち過ぎてボトムゲームが成立しない。どんなに沖にブン投げても、ふっかふかのM・Oに阻まれてボトムに届かず。Kabaralusifaさんが執念の1尾をキャッチしたのみで、3:00am。今夜のメインポイントだったのに、何も出来ずにタイムアップ。 Kabaralusifaさんと別れ、諦めきれない僕は独り、ホーム港へ。 つづく

投稿の概要

釣った時刻
魚種
カサゴ 1匹 (13cm)
エリア 沼津市

この投稿の位置情報は利用できません

気になるエリアの釣果を検索してみよう!

今すぐアプリをダウンロードして、
釣果を投稿してみよう!