KRO さんの投稿の詳細ページ

KRO さんの投稿画像,写っている魚はカサゴ,オオモンハタ

【アメリカ式】 いよいよグルーパーダービー開催まであと1週間。大会に向けプラをしておくか、2ヶ月どっぷりハタ漬けになってしまうその前に、今のうちに違う釣り物で遊ぶか…プラか遊ぶか、プラか遊ぶか…んー、プラすっか。 ということでローカルエリアのハタ調査。 まずはシャローのポイント。シャローフラットのフィーディングエリアで巻きをメインに広範囲を探ってみよう…って、なんぢゃこりゃ。 ウイードが水面までビッチリ生い茂っている。野池かよ。シャローフラットでの巻きの反応を試したかったが、ウイードの薄そうな箇所を直リグでブチ抜くパンチングの釣りに変更。トホホ、こりゃマジ野池の釣りだわw 2キャスト目、ウイードをプチプチ弾きながらのリフト&フォールにゴツン。 お!幸先良いねぇ。 上がって来たのは26㎝、ナイスバディのヨメ。しばし愛でて、ありがとしてリリース。その後数投して、早い段階でポイントを見切る。 これは僕の憶測に過ぎないが、東岸に比べ西岸側がハタの釣果が伸びないのは、このウイードによるものもあるのかと。 例年この時期はある程度ウイードも枯れて流され、海底の岩が顔をだすのだが、未だウイードに覆われている。なのでシャローはウイードに身を隠しやすい小さな個体が多く、大きな個体はウイードのまばらな深場に控えているのか、もしくは入って来ていても、釣り人側がウイードに邪魔されて攻めきれていないか。どちらにしても一発、台風さんにでも草刈りしてもらわないと釣りが成立しないな。こちらは雨は多いが東岸と違って穏やかで荒れる事が少なく、海が養分過多になりがちなのも原因のひとつだろう。 移動した先、今回のダービーの、僕にとってのメインフィールドとなるであろうポイントもまた、ウイードがしぶとく残っている。加えてかなり濁りがきつい。透明度の高いポイントなのに、完全に養分過多か。 でも状況に負けず、強気のスタイルで行こう。最初のポイントで反応のあったKEITECH / SWING IMPACT3.5inchをチョイス、色はオレンジベリーチャートバック。ボトムをリフト&フォールで誘うと早速反応、少し溜めてフッキング。あれ?小さい…18㎝、リリース。 もう少しストロングに行こう。今度はクロー/ホッグ系のワームで。沖磯用に用意(ポチった)したmegabass / Bottle Shrimp 4inch、いつも使う3インチよりインチアップして存在感を上げてみた。シンカーは21g。 legioさんが「直リグは20g以上、特に1オンスクラスはフォールスピードが速い気がして使うのに抵抗がある」と以前言っていた。これはワームの選び方ひとつでフォールスピードは任意に調整できる。クロー系等、水の抵抗の強いワームを使う事でパラシュートの役割を果たす為、大ぶりのワームやクロー系のワームなら1オンスクラスでもスローに誘う事が出来る。逆にワームのサイズを落としたり抵抗の少ないワームをチョイスする事によって、ボトムを小突くような誘いでリアクションを狙う事も出来る。 ワンドの対岸にキャストしてシャロー→ディープに下るようなコースで誘うか、とキャスト。ボトムまで数カウントで到達、誘いを始めようとスラックを取り、1回目のリフトでバイト、フッキングすると反転。おお、こりゃマシなサイズか…と思ったら反転の瞬間だけで、魚は従順に、するすると寄って来た。22㎝、ちょこっとサイズアップ。つか君のサイズでこのワーム喰うなwww さて。日も昇ったし、足の負担を減らす為、ここらでアメリカ式に切り替えるか。 MM号に戻り、ラゲッジスペースからディレクターズチェアを取り出す。 僕の勝手なイメージだが、アメリカの釣り人は何かと座りたがるイメージだ。エサ釣りだけでなく、バス等のルアーフィッシングでも椅子に腰掛けてキャストしているイメージだ。 なので、僕はこれを勝手に「アメリカ式」と呼んでいる。 椅子に腰掛け、メタルジグをキャスト。うーん、反応ないな。ワームに戻して…またメタルジグに戻して…ぐぅ… 朝の日射しとそよ風が気持ち良すぎて、そのまま寝落ち。アメリカ式、だめだこりゃ。そのまま寝たり起きたりを繰り返してチビちゃん1尾追加。おふとんで寝たくなったので、帰宅。 車に戻ると、MM号が鳥のうんこまみれに。 お前、何週間溜め込んだんだよってくらいの量が、一撃でビシャッ、と。デーム… とりあえず、次の雨で流せばいっか!

投稿の概要

釣った時刻
魚種
カサゴ 1匹 (26cm)
オオモンハタ 3匹 (22cm)
エリア 静岡県 沼津市

この投稿の位置情報は利用できません

気になるエリアの釣果を検索してみよう!

今すぐアプリをダウンロードして、
釣果を投稿してみよう!