静岡県掛川市 ギンガメアジ、ヒラメ KRO さんの釣果

KRO さんの投稿画像,写っている魚はギンガメアジ,ヒラメ

【遠州サーフ演習】 『あのな、今週末は土日休みプラス月曜日有給とれてん』 毎週いつメンの間で誰からともなく、週末のスケジュール確認が行われている。義務でもルールでもないのだが、休みが取れたとか取れないとか、誰からお誘いを受けてるとか、何して遊びたいかとか。 今回はROKUTAのキョーダイが残念ながら日程の都合がつかず、エライコッチャさんと出撃することに。僕も日曜月曜と連休を取り、掛川のエライコッチャ邸をベースキャンプに1泊2日の釣り合宿をすることに。 〈合宿1日目〉 土曜日の夜、仕事を終えると飯を食って支度、そのまま一路、掛川へ。 2:00am、待ち合わせ場所に着、待ち合わせの時間は3:00am、それまでのんびりとタックルの整理をして過ごし、合流。車を一台にまとめて海へ。 途中、ゲストのmazumeちゃん&にぎりめし君ペアと合流してポイント着、まだまだ夜明け前、地形が見える時間まで車で休憩する事に。mazumeちゃんコンビは流石激戦区三保~静岡がホームエリアとあって、暗いうちから一足先にエントリー。張り切ってるなぁ… 僕は昨日の昼から寝ていないので少し仮眠でも…と思ったが、二人で下らない話をして盛り上がってみたりおバカな動画でゲラゲラ笑っているうちに出撃時間に。メガシャキドーピングかましてウエーダーを穿き、おそろいのベストを羽織って、いざいざ。 夜明けの海は気持ちいい。ことさらサーフの夜明けは何度味わっても素晴らしい。遠州の海は遠浅の為、波が崩れるどことなくショアラインまで寄せてくる。それが幾重にも重なり、白波が朝日に照らされて美しい。山奥の朝もやに煙る山上湖やリザーバーの幻想的な雰囲気だが、これもまた捨てがたい。要するに、水辺の朝だったらロッドさえ傍らにあれば何だって気持ちいい。 さあ、釣ろう。人の比較的少ないポイントだが、さすがに日曜日の朝、フラットシーズン到来ともなるとそれなりに人が多い。ジムニー組は軽快に砂浜をぐんぐん走る。僕らはそれを眺めながらのんびり立ち位置選択、キャスト開始。 うーん、浅いね。地形変化も乏しいし、少し歩こ。 うーん、ここは少し掘れてるなぁ。でもKROちゃん、あっちの方に行こ。小川の流れ込みもあるし、あっちの方が状況いいんちゃうかな。 サーフの師匠、コッチャさんの言うことにへいへいとついて波打ち際を歩く。たどり着いた小川の払い出し。流れ込む水は冷たいが、バス釣りの頃の癖で流れ込みや水の動く場所は何故か釣れそうな気がしてしまう。車からだいぶ歩いて来たし、これ以上先に進むと帰りがしんどくなる。よし。ここで粘ろう。 プラッギング、ワームとあれこれ試すが反応がない。日は昇り、すっかり明るくなって気温も上がってきた。 ふと誰かがTwitterで呟いていた『サーフのフラットゲームほど効率の悪い釣りはない。連続ホゲなんて当たり前のドMな釣りだ』という言葉を思い出してしまう。うーん、そーゆーものなのか… 隣でロッドを振る相棒は信頼のDUO/WEDGEでソゲちゃん2枚。やはり信じ切れる、得意とするルアーがあると強い。ただ反応したのがソゲだったというだけで、このタフな状況できっちり魚に口を使わせているのだから、組み立てたゲームはパターンに合致しているということだ。 足下に一匹、波に打ち上げられたサッパが絶命していた。ベイトは居る。状況は悪くないと自分に言い聞かせる。僕は得意とするワームの釣り、シャッドテイルではなくピンテイルのワームの釣りに絞る事にした。 一旦休憩、コッチャさんとコーヒーを飲み、煙草に火を点けて談笑、近くの小川でルアーのスイムチェックをしたりしながらひとやすみ。時計を見ると8:30am、前回二人でコチとヒラメをそれぞれ仕留めたのもこの時間。 『さあ、時合いだねwww』なんて冗談を言いながら波打ち際に戻る。僕は今回の釣行の秘密兵器をセットする。 OSP/DRIVE STICK4.5inch 得意のバスワームからの流用、世界のT.ナミキ率いるOSPのシャッドシェイプのピンテイルワームだが、普通のピンテイルよりもテイルの先端をぷっくりと太く仕上げてある。この先端が水を受け、ライブリーな波動を出す。小川でスイムチェックをしてみたら、これはもうほぼライブベイトだった。ただ、このワーム…一体いつ、何を目的に買ったのか思い出せない。いつの間にか我が家の『ツリバカベヤ』に転がっていて、支度をしている時にそれがふと目に留まり『これいいじゃん使えるじゃん』って思い、ポケットに突っ込んで家を出た。サイズ感もちょうどいいし、澄み潮のデイゲームに良さげなワカサギカラー。頼むぜ、世界のT! ジグヘッドは24g、フルキャストで波の立ち始める第2ブレイクの向こうに着水させる。水深に対してジグヘッドのウエイトが重いので、着水後すぐにリトリーブを開始、ブレイクを越えてジグヘッドがボトムを小突き始める。 コツコツとボトムの感触を感じながら巻いているとふいにリールが巻けなくなる。 砂浜で根掛かりなんてあるわけないで…しょ!っと!やっぱ魚だ!乗った! この竿を叩かずに絞り込むようなファイト…こりゃ念願の… フォォォォォォォォォォォォオオオ!フ───────ウ! と奇声を上げてファイト、『やった!ヒラメや!』と相棒が駆け寄って来る。波に乗せて岸にズリ上げる。 自己レコ更新、61cm、厚みもたっぷりの小座布。旨そうー!うれしいー! 小川で血抜きと脳絞めを施して砂に埋める。 しかし前日から不眠、メガシャキドーピングの効果も切れて来た。そろそろ活動限界、このあとナイトゲームの予定だし、ぼちぼち車に向けて釣り戻るか… ここでそこまで別行動していたmazumeペアと合流。僕らは既にヘロヘロだったが彼らはまだまだ元気。特にmazume君の釣りに対する集中力とその持続力は異常だ。グルーパーダービーの時も彼に同行したロック仲間達は皆、口を揃えて彼の集中力に驚いていたが、サーフのフラットゲームにおいてもやはり彼はタフでストイックだ。黙々とキャストを続ける。無駄に釣りのキャリアばかりが長い僕と違って彼は釣り歴自体はそこまで長くない筈。釣りウマになる人って、こういう人なんだろうな…と、半分尊敬と、半分呆れの眼差しで彼を眺める。一方その頃、もう帰ろうムード満載だったコッチャさんもベイトフィッシュの群れを見つけてしまったのとmazume君の熱意に当てられて活性が上がってしまった。時計は10:00過ぎ。ねぇ…もう一旦上がろうよ… しばらくしてコッチャさんもようやく時間が予定より押している事に気付いて二人、車に向かって歩き出したがちょいちょい『1キャストだけチェックさせて』と言っては立ち止まるのでなかなか進まない。何とか車にたどり着くがmazumeちゃんペアはまだ粘っている。着替えを済ませてしばらく待つとようやく二人も上がって来た。しばらくダベリングの後、解散。 さて、ここで作戦タイム。 一旦コッチャ邸に戻ると移動時間に喰われてくつろげる代わりに休憩時間が短くなる。 それならば飯を食い、近くの大東温泉の入浴施設で休憩するか…とりあえず後者か。 御前崎の中華料理店『東風』で旨いレバニラにありつく。そして腹が膨れると風呂屋に行くのすら億劫になる。だったらもう釣り場に向かって釣り場の車中で仮眠しようという、救いようのない結論にたどり着いた。 今日は夕方から御前崎でアジングに挑戦予定、ポイントの駐車スペースでおっさん2名、口全開で全力仮眠。 16:00ごろから夜の部、スタート。アジを狙って港内をうろうろするが、あちこち回って二人して釣れたのはお互いメッキ1枚ずつのみ。21:00頃まで遊んで、翌日の朝マズメに備えて早上がり。ラーメン食って帰宅、てっぺん過ぎに就寝。 〈合宿2日目〉 翌朝、コッチャさんの呼ぶ声に目を覚ますとコッチャさんが部屋の入り口に立っていた。 『おはよ、コッチャさん。もう時間?』 『あかんわ、寝過ごしてもうたわ』 『あれ、今何時?』 『6時…』 『ありゃー、ごめん!俺も起きれなかった…』 『まーでも、昨日も釣れたの8:30過ぎだし、ゆっくりでえーんちゃう?それか朝はゆっくりして夕方サーフ入るか…』 『んー、そうね。それもいーね。…つかさ、何か外からイヤな音聞こえん?』 『音?なんの?』 『雨』 ……… 寝ぼけ眼の僕の耳に入って来たのは雨音。コッチャさんが窓の外を見て肩を落とす。 『んー、どないしよ?』 『まぁ、とりあえずもっかい寝て、昼間は魔界巡りをしながら天候の回復待ってみようか?』 『そやな。んじゃ、もっかい寝よ!』 そこから再び寝て、昼前に行動開始。メシを食い、釣具屋を回っているうちに雨はほぼ止んでいた。 『よし!行けるんちゃう?とりあえず海の様子見にいこ!』 15:30pm、サーフに到着。雨はほぼ止み、風は?波は? 『あかんわ、こりゃ危険だわ』 『へぇ、これだめなの?』 『これな、遠くから見ると良さそうでも波打ち際に立つとやばいで』 『んー、じゃあサーフは諦めて港湾シーバスとフラット見てみようか』 『ん。とりあえず御前崎行こか。んで様子見てダメそうなら上がろか!』 ということで僅かな望みを港に託す…が、ここも爆風。唯一風裏となる市場前でライトゲーム。メッキ&カマスを30分狙ってみて、ノーバイトなら粘らず上がろう…というルールでスタートするも30分キッチリノーバイトで納竿。ナンコレ邸に戻ってキッチンを借り、ディナーを作る。今夜は…イタリアン! ・きのこのホットサラダ ・鶏のレモンハーブマリネソテー ・スパゲティ 鯖とオリーブのトマトソース コッチャさんファミリーの皆様にも喜んで頂けて、合宿終了。今回もまた、休日を二人でしゃぶり尽くした。しかしフラットゲームというものも、やりこんでみると実に面白い。というか、何釣りでもそれぞれの楽しさがあるのだろう。食わず嫌いせずに、これからも色々チャレンジするのです。次は…なに釣ろ! コッチャさん、mazumeちゃん、にぎちゃん、グラシアス!また遊んでくださいなー!  

コメントする

釣果メモ

釣った時刻
魚種
ギンガメアジ1匹 (20cm)
ヒラメ1匹 (61cm)
エリア

コメント

  • KRO 面妖な・・・!
  • 須間田 三四郎 KROちゃん ツレのジムニーは幌なんで雨漏り&マフラーから巻き込みガスが堪りませんw 運転してるツレ本人は気にせず全開! でもクソ遅いw 浜松から福田が助手席の限界で、とても御前崎までは無理でしたw 浜松来たら自称浜名湖のシーバスランカーのオッチャン同行させます! 泊まりは師匠の犬猫ハウス(ちょっと臭い)か新素股宿がありますんで! かなぼうさん ツレのはSJ30幌のフロントウインドが倒れるタイプです! 乗り物ってより最終移動手段って感じですw 最近の車に乗っている自分には罰ゲームな感じでしたw でもJA71?のハイルーフのオートマが欲しいですw